宮崎の相続・遺言のことなら一般社団法人みやざき相続相談センター

一般社団法人みやざき相続相談センター TEL:0120-000-688
ご利用ガイド

HOME > ご利用ガイド > 当センターの特徴

当センターの特徴

相続をワンストップで解決

みやざき相続相談センターは、弁護士や税理士、司法書士など、相続の専門家集団の連携による「相続手続きワンストップサービス」を行っております。

一般的に相続・遺言に関するご相談や手続きは、司法書士にて対応することができます。

しかし、財産を争うトラブルになった場合には弁護士が、税の申告が必要な場合には税理士が対応しなければなりません。

本来であれば、ご相談者様がそれぞれの窓口に出向いて相談しなければならず何かと面倒ですが、みやざき相続相談センターでは、当センターが窓口となり、各専門家と連携をとりながらご相談者様のサポートを行ないます。

当センターのサービス

相続・遺言の相談は最初にどの専門家を訪ねるべきか?

相続・遺言の手続きは、一番最初に誰に相談するのかで、その後の対応が大きく変わってきます。
さて、誰に相談すべきでしょうか?

結論からお伝えしますと、
まずは税理士に相談するのが良いでしょう。

なぜならば、行政書士や司法書士は、遺言書・遺産分割協議書の作成や遺産の名義変更等の手続きは行えますが「税」の分野を扱うことができないからです。

手続き途中に相続税や贈与税の申告が必要と分かった場合、行政書士や司法書士から「税理士さんに相談してください。」と言われ、手続きのやり直しが必要になることもあります。

税理士に最初に相談しなかったために、二度手間になることがとても多いのが実情なのです。

最近では相続対策として不動産の生前贈与を行い、司法書士さんにその名義変更を行ってもらった結果、意図せず多額の贈与税が発生してしまったという事例も散見されます。

税の発生を念頭に置いて手続きをすすめる。
このことが重要です。

当センターでは税理士を窓口に置き、各士業の先生と連携をし、相続・遺言に関する相談をワンストップで受けられる体制にしています。

相続・遺言の相談は、まずは当センターにお問い合せください。